45代 OB連・HP管理

学生講習会

昨日は部活をお休みして東京都弓道連盟主催の学生講習会を受けに明治神宮の中央道場に行ってたHP管理・OB連の小駒です。
 
この講習会のお話をいただいたのは3月の上旬、近所のスポーツセンターの弓道場で。
午後、練習をして15:00にいつものお茶の時間になる。
そうしていつものように飯島正大先生(範士八段)を囲んで談笑するのですが、そこで飯島先生から
「小駒さん、4月にある学生講習会に成城大学を代表として来て下さい。私も講師として参加するので。」
とお誘いを受ける。
講習会は色々な先生方もいらっしゃって、色々とためになるので行く事を決める。
まぁこの時は普通の地連講習会と同じと思っていたのですが…
 
それで昨日、明治神宮の中央道場に行って、開講式で講師の先生方の紹介があってここで驚く。
飯島先生をはじめ範士八段の先生が5名、教士七段の先生が三名もいらっしゃったのですから。
普通の講習会ではそう滅多にありません。
 
それで講習会の中身は主に体配。それと同時に射技指導。
ただ低段者のクラスにも範士の先生方が直々にご指導する。
だから凄く良い勉強になりました。
飯島先生の手の内のお話も聞けましたしね。
 
ただ講習会を受けて思ったのですが…
体配を雑にしている人がかなりいる。
同じ弓道をやっているのに、体配を疎かにしているというのは本当に悲しいモノである。
体配の向上、これが射技向上に繋がると思っている人が少ない気がする…
ちょいと難しいお話はこれまで。
色々と話したいのですが、ここでは書ききれないので私に聞いて下さい。
 
最後に昨日、ご指導してくださった講師の先生方の写真を掲載します。
先生方、本当にありがとうございました。
けーた
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中