45代 主将

きゅうたちめ! 満身創痍

さて、新入部員の人数も確定して来ました。

男子6人、女子2人。

新歓やる前は「もう人間だったらいい!猿でも人間同様の主権とかあるなら猿でもいい!」とか言ってた事を考えると大きな成果じゃないかなと思います。

慢性的に男子が少ない(少なくとも私が知ってる弓道部は)のが今年で解消されちゃいますね。すげっ。
競争があるなんてすごく部活っぽい。いい感じだ。

女子も入ってくれたし!人数は少ないけど危機ってわけじゃないしね。

まぁ新入生の事は今度別の機会に書くかも。

今日書きたいのはそこじゃない。

(以下、微妙な話題なので見たくなきゃ見ないほうが吉)

最近部活で自分は「尻痛いんだよねー」と言ってたと思います。

実は右の尻が腫れてるんです。会計の親知らずの腫れ具合と同じくらい。
すごく腫れている。部位が部位だけに見せられないのが残念。
座ると腫れているところに体重がかかって激痛が走り、しまいには歩くのも痛くなってきたんです。

でもそういうできものって出来る人いない?ここまで酷くないけど周りにもいるもん。
普段は放置しとけば治るんだが、今回は違った。

土曜日は痛み止め飲んでたのでそれなりに動く事ができたんだけど、日曜日に悪化して「これはやばい」ということになり、今日は皮膚科に行ってきました。

11時開始の所に10:58に到着。1分でもいいから早く診てほしいという願いが伝わったのか1番に診てもらえた。

中には綺麗な女医さん。たぶんココは「オシャレ重視の皮膚科」なんだろう。ニキビとかそういうビジュアル的な。

でも医者ならなんでもいい。いや医者じゃなくても治してくれるならなんでもいい。むしろグリーンマイルの人を連れてこい、という気持ちでいっぱいでした。

で、尻を出す。

ごめん、今日最初の患者なのにいきなりお尻を出して。

すると「あーひどいですねー。ちょっと切開しましょうか」

切開…??

ベットに横になり、臀部をさらけ出し「じゃあ痛いと思いますけど我慢して下さいね」といって、なにやら圧力をかけ始めた。

当然痛い。しかもうつぶせなので自分のお尻でなにが起こっているのかわからない。
もしかしたら治療じゃなくて意地悪されているのかもしれない。そうか。キレイな女医さんってそういう店だったのか。女医さんというか女王様か。そんな大人な店とはつゆ知らず…とか色々と考え込んでしまうほど痛い。

でもその治療(もしかしたら意地悪)が終わると劇的に快方へ向かった尻がそこにはあった。
圧力かけて膿みを出したんだって。

なんかベッドの上にオレの血みたいのがあったので、相当すごかったんだと思う。なんだちゃんと治療してたのか。意地悪じゃなかったのか。

とりあえず、痛みは収まって一安心。明日も病院行くし、あんま動けないので学校も部活も行けないけど、とっとと治して試合に備えます。

では。またね。
みんなもお尻になにか出来たらオレか皮膚科の先生に相談したほうがいいよ☆

(主将)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中