46代 主将

同中競射十本目 成城の雑務1 幕張り用語を辞書に入れなきゃ!

昼間の暑さはまだまだ夏という感じがしますが、夜になれば秋の足音もちらほらと聞こえる昨今。どうも、前主将です。

これから卒業するまでに「成城の雑務シリーズ」をちょくちょくやりたいと思います。ブログの当初の目的である交流を思い出しました(笑)私はけっこう他大さんの内輪ネタとか見るの好きなんですけど、世の中の大半の人は成城が全関全日リーグ戦で勝とうが負けようが関係ないですからね!でも雑務なら色々共感できるかと。弓道あるある的な!

 

全日が終わって、夏のイベントと言えば夏合宿。まぁ四年生である私は泣く泣く参加しないのです。あー合宿行きたかったぁ!残念だなぁ!^^

ただイベントは無いのですが、試合があります。私達の代(というか伝統的に)ではこの時期は体配の練習メインでつまらn・・・自分の射と真剣に向き合う事ができる貴重な練習をしていたのですが(棒読み)、昨年、この時期に四大戦が臨時で入ったのをきっかけに(?)この時期にも試合を組むようにしたらしいです。

男子もあったのですが、残念ながら中止に(泣)でも例年こういうことはあるので仕方がないですけども。女子は日付変わって今日試合があります。

 

さて、多くの大学の方もそうだと思うのですが、練習試合のHomeの時は安土に「幕」を張ったりしませんか??普段から張っているという所も少しはあるのでしょうけども、多くの大学では試合の前日or当日の張るものかと思います。本学も例外ではなく、幕を前日に張ります。雨だったらやんないけど。

この作業って、まぁー普通の成人男女だったらできるのですが、高所の作業なので身長は高ければ高いほどいいのです。よって、いきおい男子のお仕事になります。私も身長は170後半なので割と幕張りで主力メンバーです。

ただ、弊害があって

・結局いつも同じ男子メンバーでしかやらない(身長とか実際そんなに大差ないはずなのに!)

・しかも幕の張るのにはコツが必要で、一回やった人がやったほうが効率が良い

・すると「いつもやってる人が良いよね」という空気になり、女子や後輩が育たない

・しかも「幕張る組」も業界用語を作り出して(ex:ロングバケーション、浜口強行など)新規参入しにくくなる。

けっこう死活問題。今の幕張りのレギュラーって2年生以下が1人しかいないんです。つまり、3年と4年が消えたらそいつだけになってしまう!中村が危ない!

 

つーわけで、今日は壱、弐年女子の一部に技術を伝授しました。で、せっかくなのでそれを記念すべき第一回目の「成城の雑務シリーズ」で取り上げようと思います。

 


  

こんな感じでスタート。実際の作業は地味です。紐を安土の上にある釘に巻き付けて、所々をガムテープで補強する感じです。お気づきでしょうけど、机の上に乗るのでそれほど身長は関係ないのです。ただ机の上はぐらぐらして危険なのも確か。これも要コツ。

 

 

単純そうで難しいこの作業。山場はいくつかあって、例えば幕の中心を作成するのが一つあります。けっこうこれがやっかい。何も考えずに作成すると中心がすごいことになってやり直しの憂き目に遭います。


 

まぁこんな感じで着々と幕は張られます。

 

ただ、これ当然ながら幕を張っている時は練習ができません。そして部員は幕張りしていない人が多いのです、つまりそいつらは暇で暇で仕方が無い。壱年生の指導もあるけど人数はたかが知れています。そういう人が射場で遊びだしたりします。幕張っている人間からしたらイラっとします(笑)

こんな感じでまったりしてたり、素引きとかするんです。


 

まぁいいんですけどね!!ちなみに、幕張り組もだんだん飽きて来て、残りは女子に任せてガムテープのゴミでボールを作って野球して遊んだので大きい事はいえません。

 

まぁこんな感じで幕張りは終了しました。

どんな感じに仕上がったかって?それを見たい人は成城大学と試合してください☆

とか言っているんですけど、なにぶんうちの道場は狭いので、12人を超える選手はちょっと入りきらないかもしれません。悪しからず。

つまり構造上の問題で男子のリーグ戦形式の試合は成城Homeで開催できないんですよ。残念。成城で試合をした事がある大学の方でも「そういえばあれって全関や全日形式だなぁ」と思っている事でしょう。まぁいいやこんな話。

 

というわけで、幕張るのは大変な作業なのです。そのくせ成功しません。汚いです。でもこんな努力をしているので許してください。

次回は何の雑務にしようかなー。この企画続くかな・・・・。

 

では失礼します。(前主将)

 

追伸:写真とともに書くと色があっていいな。つーか写真館って更新しないの??大昔で止まってるけど。どうですか>管理人

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中