49代 副務

副務のチキチキバンバン パート6 ~埼玉の千葉~

副務です。
壱年生が9人中、2人弓に突入しました。
うれしいですね。

弓に入ったということは、そろそろカケが必要になります。
実は先々週の土曜と、先週の火曜、壱年生と一緒に、千葉弓具店に行ってきました。
カケで有名ですよね。

ご夫婦で経営されてるようで、お店は小さめですがとても雰囲気のいいお店です。
手形を取って、後日発送に。
色は黒もあるようですが、茶色の方が質を選べるのだそう。
色々とお話してくださるので、勉強になります。
次のカケはここにしようかな。

一応副務なので、弓具店開拓も仕事だと思っています。
自分が弐年の時に、ちょっと謀反を起こしたので、副務向いてるかなと思いました。
なるべくいい弓具、自分に合った弓具を使って欲しいので、
ちょくちょく勉強はしているのですが、限界があるんですよね…
道具の知識もマニュアル化して、代々追加していくべきでしょうか…

とりあえず、副務からのお願いは、”道具にこだわる”ことです。
よくデッコボコボッサボサの中仕掛けや、グッズグズの握り皮で引いているひ人がいます。
把が低すぎたり、籐がぶっ壊れていたりとか。
矢が長すぎたり、羽が浮いていたりとか。
カケにカビ生やしたりとか。
そんな状態で高的中は望めません。

デコボコすぎて修復不可能な中仕掛けは、一度全部剥ぎ取って作り直すのがいいと思います。
関板あたりの弦がボサついてきたらもう寿命なので、中仕掛けで補修するのもオススメしません。
握りは、1ミリ単位で太さを調整して欲しいです。
つがえる位置、握る位置は一定に(これは射技かな…?)
ガミガミ言わないとわかってもらえないので。

明後日、新たな弓具店に行く予定なので、色々チェックしてきますね。

広告

1 thought on “副務のチキチキバンバン パート6 ~埼玉の千葉~”

  1. 私も千葉弓具のカケを使っています。
    使いやすくて、色々と話して調整してくれるお店だから大好きです。
    たしかカケは染めちゃうと染めない茶色に比べてボロボロになりやすいんだよね。

    道具管理は的中に影響すると解る人が多くなると良いよね~
    言った所で最後は本人の気持ち次第だから難しい部分もあるけれど…。

    次はどこの弓具屋に行くのかな?
    豊島区とか港区とか江戸川区、東京だけでも色々あるからね~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中