52代 男子主務

52代男子主務の断腸亭日乗⑤あこがれ、愛の夢とか

どうも、52代男子主務の新井です。
ひとつよしなに。

貴方は弓道、すきですか?

昼間の澄んだ空に浮かぶ白い月を見ながら、ふと思いました。
自分は弓道の何がすきなのだろうと。
高校から続けているけれども、どこがすきなのか?

何回か考えたことがありますが、いつも答えは出ません。
腐った情愛のように惰性でだらだらと続いたわけではないことは確かです。

ーーなんですきなのか言葉にできないということは、やはり惰性なのかーー?
ーーあれ、高校の時も同じこと考えたぞ。
ーー大会で負ける度に。

ーーでも、答えが出た瞬間が確かにあった。
ーー高校の卒業を控えた3月ぐらいに、川上未映子の本を読んだときだっけ。

家に帰って、去年の日記を開きました。

解決。

『愛の夢とか』(2013年、講談社)の中の「アイスクリーム熱」にこんな文章があるようです。

〈うまく言葉にできないということは、誰にも共有されないということでもあるのだから。
つまりそのよさは今のところ、わたしだけのものということだ。〉

なあんだ。そういうことか。前後の流れもすばらしい本なので、ここだけきりとってしまうのがもったいないところですが。

あ、川上未映子の新刊でますね!
新潮社のホームページ見ていたら、まあびっくり!

『あこがれ』が10月21日にでるようです!!
要チェックです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中