52代 主務

あと2日

こんにちは!52代主務です。
そろそろ周りから、あの人まだ幹部ブログ書いてるのかよって思われてそうで怖いですね。

さて前回で3年間を振り返って書こうかなとか言ったのですが、どうしましょう。
多分ちゃんと書けないと思います。

私の場合、まず自分が弓道やろうって思ったきっかけすらあやふやでですね。

高校の時の班活(長野県の高校ってなんでかわからないですが部活動のことを『班活動』って呼ぶんですよね。なので弓道班でした。) を決めるときに、新歓してた先輩たちの袴姿がえらくかっこよかったんです。

後は班活のジャージがかっこよかったからとか。よく覚えてないんですけど。
みたいな理由から弓道を始めることになったんだと思います。

大学でも、特に入りたい部活が無くてせっかく高校でやってたから大学でも続けてみるか・・・
みたいな感じです。

何か新しく物事を始めるときって、一大決心をして始めるよりもこんなかんじでふいに始まることが多いような気がします。
こんなかんじに始まっても結局は6年間続けることになりましたし。

こんなぼやっと始まった私の弓道生活ですが、何とか6年間続けてこれました。
別にずるずると、何も考えずに惰性でやってきたわけじゃないですよ。
あまり意識はしてこなかったのですが、きっと弓道が好きだったからなんでしょうね。
好きじゃないものを何年間もできるほど、私は忍耐強くないですからねー・・・

弓道のどこが好きかって聞かれても、自分でもよくわかりませんが(笑)

大学弓道部での3年間は今思い返しても本当に中身の濃い3年間でした。
こんなに出来事が詰まった3年間は今後そうそうないと思います。

全部が楽しかったわけでもなく、むしろ上手くなりたい、勝ちたいと思えばその分苦しいことも多くなるわけで。
でも、それをどうにかしようともがいて落ち込んで、でも仕方ないから練習して。
それで、どんなに小さくても結果がついてきたときにやっとそこで嬉しいとか楽しいって思えるんです。

結果と言っても、小さなことなんですけどね。
初めて的前に立てたから始まって、先輩に褒められたとか、試合で皆中を出せた、分けを出せた、自分の最高的中数を試合で出せた、とか。
そんな一瞬に惹かれて、続けてこれたのかなと思っています。

中学の時の部活の顧問に、「何か目標に向かうとき、何かを極めようとするときに楽しいことなんてめったにない。きっと途中で楽しいなあとかこれでこれで満足だろうと思ったら、きっとそれは自分が楽をしているだけだから。苦しんで苦しんでそれでも続けて、実力がついたそのときにやっと本当の楽しみが来るんだよ。」と、言われたことがありました。
大学にしてやっとわかった気がします。

何が言いたかったかわからなくなってきましたね。
ここらへんでやめておきます。
要は、はじめはどうであれ弓道を続けていてよかったってことです。多分。

これで、中学から数えると9年間の部活動人生が終わるわけですが・・・
どうしよう、長期の休みとかは全部部活の練習だったので何をすればいいのか分かりません(笑)

今回はこのあたりで失礼させていただきます。
それではまた!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中