53代 副将・主務

53代副将兼主務の信天翁日記⑥ 2016年全関

どうも、53代副将兼主務の新井寿弥です。

ひとつよしなに。

 

6月19日(日)に全関東学生弓道選手権大会二日目が行われました。

於:日本武道館です。

団体トーナメント2回戦以降と、OB対抗戦と、個人戦決勝でした。

18日(土)の1日目の団体予選では成城は男女ともトーナメントに残れず。

12日(日)にあった個人予選を通れた僕は個人決勝に出ました。

1本づつ引いて、外れたら敗退という競技で、僕は3本目にて敗退しました。

ーーやれることはやったのに悔しいな。

って感じです。

 

18日(土)に会場に着いてから、高校のときの先輩・同期・後輩や4大の先輩から「(新井のこと)見てますね!」と言われてモチベーションはあげあげでした。

1本目入れたとき、よその大学の先輩の介添えをしていた高校のときの後輩が近寄ってきて「さすがです!」って言ってくれて、気持ちが引き締まって、2本目も入りました。

介添え・監督はOB対抗戦に出ていただいた51代のG藤先輩とS﨑先輩2人に頼んだのですが気持ちの面で3射とも非常に安定できました。感謝です。

 

ちなみにこの日6月19日は、桜桃忌です。

太宰治の遺体が玉川上水から上がった日で、太宰の誕生日でもあります。

太宰治は僕の好きな作家のうちの一人です。

1日目の団体で使った下がけには『晩年』と書いてあるぐらい好きな作家です。

「人からおだてられて得た自信なんてなんにもならない。知らん振りして、信じて、しばらく努力を続けて行こうではないか。」

これは『津軽』(昭和19年)の中の一節です。

 

2年前の全関二日目。当時1年生だった僕は個人戦決勝に残ることもなく、観客席で最後の納射までずっと見ていました。

高校のときの先輩が納射していて、すごく格好よくて、まだ俺も弓道やめられないなーと思いました。

 

昨日、H井とK松とカラオケ行って、僕が季節はずれのYUIの「CHE.R.RY」歌った訳は桜桃忌にちなみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中