54代 男子主務

春到来

こんにちは。 54代男子主務の徳永です。

 

突然ですが、2月1日ってのはプロ野球ファンにとっては待ちに待った日なんです。なぜならこの日から春季キャンプが始まり選手の様子を見ることが出来るからです。自分もいずれは現地に行きたいなとか思うのですが、今はテレビ中継で我慢です( ´∵`)

プロ野球はこの春季キャンプを経てオープン戦、練習試合をしてからシーズンinの日程となっています。ですのでこのキャンプが始まる時期が到来したという意味で2月1日が来ることを春到来と言っています。

自分が応援しています中日ドラゴンズは今季から森繁和監督体制に変わり他球団で実績を残した土井コーチや森脇コーチなど経験豊富な方を招聘し、森監督も自分の専門分野である投手の事以外はコーチ陣に任せるといった落合元監督の方針を取っているため昨年みたいなチーム内のゴタゴタは起こらなそうなので、あとは選手が力を付けてくれれば充分Aクラス争いは出来るのではないかと期待してますʕ•̀ω•́ʔ✧

そこで今季の順位予想は

巨鯉竜燕星虎 、鷹公鷲猫鴎檻

としてみます。願望込みですが笑

 

さて、弓道部の方も明日から正規練習開始となっておりこちらも春到来でしょうか笑

2月3月は新人戦期間でありますので、少しメーンからは外れますが、 最終学年でもあるので最後に楽しかったと思って終われるようこの時期からしっかり練習に取り組みたいと思います💪

今回はここら辺で失礼します。

image

麺屋正路「特製秋刀魚節らーめん(白)」@荻窪

54代 男子主務

2017と20

こんばんは。 54代男子主務の徳永です。

既に新年に入って2週間弱経ちましたが…🎍🐓明けましておめでとうございます!!🐓🎍 本年が実りある一年になる様色んな事に取り組んでいきたいと思っております。2017年も成城大学体育会弓道部をよろしくお願い致します。

 

さて、今は帰りの電車の中での投稿です。何の帰りかと言いますと… 毎年京都の三十三間堂にて行われている通し矢に参加してきての帰宅路となっています。

今年は8人での参加でしたが、参加男子が自分1人だけの中来てくれた主将はさりげなく優男です。笑

14日から京都に向かいその日は祇園の辺りを中心に周り、お土産や神社に寄ったりなどして過ごしました。神社では女性陣がおみくじの結果で明暗が別れたみたいで好対照なリアクションだったのが印象的でした…

その後は一度宿に帰ってから外にご飯を食べに行こうとしたものの、雪の中での観光での疲れからまさかの宅配ピザを取るという不思議な夕ご飯でした。ピザを囲んでの夕食後にはサプライズで自分と女責の誕生日を祝ってくれ、プレゼントとして名前入りの名刺入れを頂きました!!すごく素敵なデザインだったので大切に使いたいと思います(人・∀・)Thank you♬

15日は通し矢をした後伏見稲荷大社に向かって長く続く鳥居を通って来ました。
ガラガラとスーツケースを持ちながら拝観は少し大変でしたが、雪と鳥居の赤と白のコントラスト綺麗でした!!

また外国人観光客の方も多く、弓を持ち歩いていたので「これは何ですか?」といろんな方に聞かれ、皆それぞれ「ジャパニーズアーチェリー」などと答えている中副将兼会計が「アーチェリーの和風版」と答えたのは個人的にツボでしたね(´∀`*)

しかし、何度経験しても楽しい事の終わりってのは寂しいもんですね…
自分は東京駅まで新幹線で行くため新横浜、品川とで降りていき少しずつ人数減っていき見送っていくのは急に現実に引き戻された気分でした😞

今は1人電車に揺られながら色々想い出して余韻に浸っている所です(´-`) .。oO

今回はここら辺で失礼します👋

image

54代 男子主務

初投稿φ( ̄ー ̄ )

こんばんは。

初めまして、第54代男子主務の徳永です。以後よろしくお願い致します。

さて、2015年も残すところあと一日。
大掃除とレポート作成に明け暮れてる今日この頃です。今日は洗車と窓拭きを行いました。

洗車はケルヒャーという高圧洗浄機で洗ったのですがコレがなかなか音が馬鹿デカくてやはり外国産のモノだと広いお家用に造られているのかなと思いました笑

近況報告はさておき、今回が初めての投稿となったのでこの機会に自己紹介の方させて頂きたいと思います。

まずはどんなヤツなのかって事から……

一言で言うとマイペースな人です。
好きな様にやっているといった感じですかね😮

続いて趣味は…

野球観戦とラーメン食べ歩きです。
野球では中日ドラゴンズを応援しています。アンチ等は無いですのでセパ共にそれなりに話せるかと(・ω・)
先代副将兼主務が相撲を軸に書かれていたのを真似て野球を軸に書き進めていきたいと思います。もちろん部活についても書きますが…

ラーメン食べ歩きは先代副将兼主務が好まれていたモノから一般的なモノまで好んでおります。
空きコマに行くことが多く、時には歩き時には電車で気になる所に向かう感じです。範囲としては小田急沿線や京王線や京王井の頭線などです。

簡単ではありますが以上の様な感じとなっています。

先代副将兼主務の様な文才を持ち合わせていないので拙い文章にはなるとは思いますが、月1では更新したいと思うのでよろしくお願い致します。
他の幹部は書いてくれそうないので…

それでは今回はこれにて失礼します。

53代 副将・主務

53代副将兼主務の信天翁日記⑳ 最終回。2016年十一月(九州)場所 

どうも、53代副将兼主務の新井寿弥です。

ひとつよしなに。

最終回です。

 

一昨年、2014年。1年生の11月。僕は52代男子主務になりました。

ということで後期納会が終わり、2年ぶりに、男子主務でもなく、副将兼主務でもない普通の男の子に戻りました。

ちなみに「52代男子主務の断腸亭日乗」の元ネタは永井荷風の『断腸亭日乗』で、

今年度の「53代副将兼主務の信天翁日記」の元ネタは太宰治のエッセイ集『信天翁』です。

断腸亭から信天翁まで、部活のことを書きつつ、本のことを書きつつ、大相撲を応援してきたこの幹部ブログを書くのは今回で最後にします。

 

今日(明けてしまったので正確には昨日)は九州場所千秋楽で、琴奨菊は5勝10敗。来場所は七度目の角番です。

頑張ってほしいです。

スポーツの勝ち続けることの難しさを感じます。

来場所に期待です。

 

それにしても、今年は優勝力士がたくさん出ましたね。

琴奨菊→白鵬→白鵬→日馬富士→豪栄道→鶴竜と。

特に今場所は大混戦でした。

鶴竜リードと思いきや、石浦も途中まで1敗で並ぶし、稀勢の里が鶴竜の連勝を止め、3横綱を倒したかと思えば、平幕の栃ノ心に負け…

石浦も宇良も、小さいながら頑張ってほしいです!

小兵と言えば、豊ノ島の相撲もそろそろテレビの遅い時間で見たいです。(`・ω・´)

来年も目が離せないです。

 

また、今場所で稀勢の里の年間最多勝が決まりました。

優勝なしで年間最多勝受賞は初めてらしいです。

年間最多勝、といえば。

この幹部ブログにも、年間最多表示数がわかる仕組みがあります。去年の11月28日から、今日(明けてしまったので正確には昨日)までの記事別表示数が↓

screenshot_2016-11-27-22-49-30

となっていまして、僕の記事が1位です!

読んでくださった方々ありがとうございます。

 

幹部ブログを設置して頂いた45・46代の先輩方にも感謝です。

 

今月の始め、文化祭期間中、第45・46代主将の先輩が道場にお越しになりました。

(⑮にコメントをありがとうございます。コメントを送って頂いたのに表示されないとのことでしたが、こちらで承認操作をしないと反映されないようで、先日承認させて頂きました。遅れてしまい申し訳ありません。)

ゆずが好きな人に悪い人はいません。ええ。(昨日今日の東京ドーム行きたかったな……)

45、46代は2年連続幹部をやられた代です。

誠に勝手ながら、僭越ですが、2年間の幹部について非常に親近感があります。

そして本当に幹部ブログの設置に大変感謝しております。

こうして文章を書ける場があるのは大変嬉しいです。

僕は自称・成城大学 芸術学部 カリスマアート学科ですので、文章を読んだり書くことが好きです。(ホントは経済学科です。でも卒論は漱石か太宰で進めています)

 

そして、この幹部ブログのサイト統計情報をこちらから見れるのですが、今年は過去最高訪問者数を記録しました!(システムの都合上2011年以降のデータのようです)

screenshot_2016-11-27-22-45-16

表示数こそ歴代2位ですが、訪問者数は歴代1位です!

訪問者は、

2012年…176人。

2013年…1840人。

2014年…985人。(←53代入学)

2015年…1256人。

2016年…1931人。(←今年)

(2016年、11月27日現在)

となっております。

 

大相撲の話なのか、幹部ブログの話なのか、ごっちゃになってきましたが。

とりあえず、このブログを読んでくださっている人の中には、顔も知らない人が結構いる、ということを理解しました。

読んだ人を嫌な気分にさせてしまっていないか、不安ではあります。

僕が一緒に過ごして楽しいと思えた時間が、一緒に過ごした相手にとって楽しかったのか?と、どうしようもない寂しさを感じてしまうように、ブログ書くって怖いことなんですね(‥;)

 

でも、楽しかったです。

 

弓道は自分がやってて楽しいものです。辛いことがありつつ、低迷を脱出したとき、喜びがあります。角番脱出して優勝したとしてもその次も連続優勝なんて、なかなか出来ないです。優勝してからまた角番になっちゃうことだってあります。それでもやっぱり相撲弓道が好きで、また良い景色を見たくて続けちゃうんですよね。

そんな相撲弓道の好きなところを伝えたかった、このブログです。

 

高校のときの顧問の先生の言葉(去年のN村先輩の最後の方の記事を見習って、高校の先生のお言葉を引用してみます)で、今一番しっくり来てるのが、

「お前の好きな女の子が誰かにバカにされたら、お前は腹が立つだろう。それと同じように、私の好きな弓道について、ろくに練習もしないで向き合う奴は、腹が立つ。バカにした態度を取られると、腹が立つ。だから一生懸命練習しろ」

サボるは恥だが、腹が立つ。

逃げるは恥だか役に立つ

略してサボ恥!

 

今まで読んで下さった方々、ありがとうございました。

僕は恋ダンスの星へ留学に行くのでしばらくお別れです。

 

 

 

 

“53代副将兼主務の信天翁日記⑳ 最終回。2016年十一月(九州)場所 ” の続きを読む

53代 副将・主務

53代副将兼主務の信天翁日記⑱ 『お伽草紙』~YouTube

どうも、53代副将兼主務の新井です。

ひとつよしなに。

 

太宰治の『お伽草紙』(新潮文庫)を読了しました。

新潮文庫版の『お伽草紙』には日本昔話を新解釈した表題作の他、井原西鶴を新解釈した作品や中国の古典『聊斎志異』の換骨奪胎した作品なども収録されています。

解説を見ると、これらの作品は戦時中の時期の作品だそうです。

昔話を面白く再構築する顔が、太宰治にはあります。いわゆる太宰中期の作品群です。

太宰治は初期では前衛的な顔を見せたり、後期では無頼派の色を濃く表した顔を見せたりします。

作風の幅が広いのに、どの時期の作品でも、僕の脳味噌に詰まった後悔とかを映しだしてくれます。読んでて恥ずかしくなるものの、気持ちを分かってもらえる感じですきです。

『お伽草紙』では、面白く再構成された浦島太郎などの昔話を読みながら、新しい価値観を見つけることができます。

 

僕の気持ちを分かってくれていると思う前に、太宰治の面白い話が単純に好きです。

太宰治は笑いのセンスがめっちゃ良いと思っています。

 

先日、後輩の54代のみんなに道場案内動画を作ってもらいました。

笑いのセンスがめっちゃ、良いです。

面白いストーリーの動画になってます。

天狗のお兄さんと垂れ目のお姉さんにいざなわれ、道場までお越しくださいませ。↓

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.youtube.com/watch%3Fv%3DvjKSq2_coWs&ved=0ahUKEwi4rID5_q_QAhVIxLwKHcrsAu0Qo7QBCB4wAg&usg=AFQjCNFmrR11TJfhDx1H4-1zmbxeXr9YkA&sig2=sf8v5sycQzdF8aB7qXBflA

あと、去年、入試広報課さんの依頼で弓道部が出演させてもらった動画がこちら↓

https://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&rct=j&url=http://m.youtube.com/watch%3Fv%3DdHvKZFf1cG0&ved=0ahUKEwjnzafrhbDQAhUBVrwKHVKqCkAQwqsBCCgwBQ&usg=AFQjCNF_iuHVEKyQ_ieTy-S_FFotjKK4HQ&sig2=W7VKh6XgkNNjkeC0_xZOtg

 

54代にはエンターテイナーが多いです。

 

 

 

 

 

53代 副将・主務

53代副将兼主務の信天翁日記⑰ 2016年幹部交代式

どうも、53代副将兼主務の新井です。

ひとつよしなに。

 

一昨日、第54代へのバトンタッチ、幹部交代式がありました。

 

幹部交代式での司会は、副将の仕事です。

僕は54代の新幹部の名前を読み上げました。

ズッコケ三人組の宅和先生よろしく、何も見ずに後輩の名前を読み上げました。(シリーズ50作目の、卒業式のあのシーンです)

交代式終わった後の後輩たちの53代へのサプライズは嬉しかったです。

きれいな花と、特製マグカップと、色紙をもらいました。

僕がムーミン好きなこと、ぐでたま好きなこと、どうして分かったんだろう?(多分、部室の個人ボックスに貼りまくったシールのせいですかね(;゜O゜))

すみっこぐらしの未使用のシールは余りあるから、みんなに配りましょうかね。

 

以下、蛇足。

“53代副将兼主務の信天翁日記⑰ 2016年幹部交代式” の続きを読む